読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

英語学習について

ホームエデュケーションでも、英語を無理なく教えることができたら、それに越
したことはないと思います。

一つでも外国語を知っていると、言葉のおもしろさが広がります。表現の違い、
構造の違いなどを知ることから、柔軟さと寛容さを(期待してやるものではない
けれど)育てることことができます。

英語が実用にも、進学にも役立つことは、言うまでもありません。

ところが、実際はどうかと見ると、中学の英語はものすごい落ちこぼし率です。
英語の授業が始まるとき、子どもたちは、「英語ができるようなる」と張り切っ
ています。ところが、中学卒業時に、まあなんとか英語をモノにしていると言え
るのは三分の一くらいだと思います。
あれだけの時間数をかけて、なんでそうなるの。

日本語の場合、子どもたちが読むことを覚えるのは、親に絵本を読んでもらうこ
とが一番の手助けになっていると思います。
あれは、訓練ではないのです。
でも、大きな手助けになるのです。

あの本の中から、楽しいお話が出てくる。
文字というわけのわからないものは、どうやら大人がしゃべっているものと同じ
ものらしい。
文字というものがわかると、どうやら、大人にいちいち読んでもらわなくても、
お話を聞けるようになるらしい。
ひろい読みして声を出すと、大人が「おお、読んだ、読んだ」と目を細めている。

その感覚なのです。これが、中学英語に決定的に欠けています。
点数付けをやってはいけないのです。

この絵本読みの感覚で、英語をスタートできるようにと作ったのが、今回お渡し
している教材のシリーズです。

難しいこと抜き。
とにかく、耳に残してください。
おもしろがって口真似してください。
日常生活でお芝居して遊んでください。
すべて、意思や感情を伝える表現になっているものを選んであります。

何を言っているのか、説明しなければわからないような外国語教材は初心者には
ダメです。

誰でもが知っているに決まっている物語とか、絵や動画を見れば言いたいことが
一発でわかるとか、そういうものを使って、「英語ではこういう言い方をするの
か」だけに意識が向くようにします。

この一番最初の絵本読みレベルのところを橋渡ししてやると、あとは英語は自習
できます。
学校に行かなくても、英語教室、テレビ、ラジオ、市販教材など、よりどりみど
りに学習機会があります。

その「あとは自習できる」を目指して作った教材でした。
他に紹介したい教材もあります。長くなるので、また改めて。

*************************
古山明男