読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

遊び 評定からの自由

古山です。

子どもは遊びで育ちます。子どもたちが遊びの中で見せるあのエネルギー、創意
工夫。すごいですね。これこそが一人一人の生きる力であり、また、社会がもっ
とも必要としているものだと思います。

では、遊びとはなんでしょうか。
いろいろな面から捉えることができます。でも、もっとも大きな要素は、結果を
云々されないことです。

われわれでも、「遊びでやっている」ことは、収入とも関係ない、地位・評判と
も関係ない、やりたいからやっているだけのことを言います。

結果を心配せずに、思いっきりなんでもやってみることができる。それが、子ど
も時代です。

評定されない、結果を問われない、自由に試行錯誤できる、それが遊びです。子
ども時代は、好奇心と遊び心の時代なのです。

遊びのこの性質を知れば、賞罰がいかに破壊的か、理解できます。

教育するというのは、評定から自由である場を作ってあげることです。
子どもは、評定されそうになると、逃げていきます。それが当たり前なのです。

評定の中に組み込まれた子どもは、創造力を失い、劣等感や優越感にとらわれる
ようになります。

もちろん、子どもたちはやがて、結果に責任を持たなければならなくなります。
そういう教育も必要なことでしょう。でも、結果を問う教育は、15,6歳くらい
からだろうと思います。そのくらいから、身体も心も大人になっています。


スウェーデンデンマークなどは、13歳までの試験を禁止しているそうです。


*************************
古山明男