読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

遊びを伝えること

古山です。

みなさんが子どものとき、「これが楽しかった」という遊びは、なんでしたか。
みんなで出し合って、子どもたちに伝えていけたらと思うのです。

かくれんぼ、鬼ごっこ、カンけり、だるまさんが転んだ

こういう遊びは、誰でも熱中したことがあるとと思います。今も昔も定番です。

こういう遊びがどうして面白いのかな、と考えたことがあります。
共通しているのは、

ルールがあり、役割の逆転がある。

駆け引きや作戦がある

判断や敏捷さを磨き上げる楽しさがある。

これみんな、社会性を発達させる大事な要素ではありませんか。子どもたちは、
社会性の発達を遊びでやっています。

「校則を守れ」なんて言っていないで、「カンけり」や、「だるまさんが転ん
だ」を、学校の正課にすればいいじゃないか。もちろん、評定なんてしない。そ
うしたら、ホームスクールを提唱したりしないで、学校を認めてやる。なんて、
思います。

なにぶんにも、こういう遊びは集団遊びなので、人数が必要です。
お遊び会の場などを利用して、子どもたちに伝えていければと思います。「だる
まさんが転んだ」はやりました。(子どもたちはもう知っていました)
そろそろ「カンけり」かな、と思うのですが、私はもう走れ回れなくなっていて
ふがいない思いをしています。

自分が子どものときに遊んだことで、楽しかったことを子どもたちに伝える。
それって、すごく大事なことだと思います。

それこそが崇高なる教育義務である、と言ってもいいくらい。

*************************
古山明男