読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

子供の発達経路

ホームスクール 学び 教育

古山です。

ある、算数の得意でない子に8歳くらいからずっと算数を教えていました。

11歳くらいになって、ふつうに式を書いて計算するようなことも、「できた、お
もしろい」と感じるようなところにきました。
学校を嫌がって行かなかった子ですが、この子に学校タイプの勉強を無理させな
くてよかった、と思います。自分は駄目だと思い込むか、学習障害のレッテルを
貼られるかになっていたろうと思います。

マンツーマンで見ていましたので、本人の感覚や発想までわかります。これは教
え方や努力の問題ではない、知性のタイプの違いだ、としか思えませんでした。

 

算数のような、記号を使いこなすような学習に対して、子どもがいつになったら
成熟しているのか、ものすごく個人差があります。

早い子で5歳くらい、遅い子で11歳くらいと思われます。
(自分の経験と、人からの伝聞をもとにしています。きちんとした研究が望まれ
るのですが、存在しません。)

個性としかいいようのないものがあります。これは、感覚的に物事をとらえる段
階に十分な時間をかけていく子と、さっさと記号に置き換えて考えるところに行
く子との違いだと思います。

良い悪いではなくて、個性です。
早く始めても、遅く始めても、たどり着くところは同じです。


私の甥の場合ですが、物理の修士課程まで終え、高等数学を使いこなしています。
いま、エンジニアをやっています。
これが、小学生のとき、お世辞にも算数が冴えた子ではなかった。割り算の「立
てる、掛ける、引く、降ろす」の手続きがなかなか覚えられない、ごく普通の子
でした。

ホームスクールになり、中学生の年齢のとき、方程式のイロハを教えようとした
ら、「どうしてエックスを使うのかわからない」ととことん抵抗しました。教え
ようがなかった。

文字式を使うようになったのが17歳です。それからは、あっという間に高校を超
えたレベルまで行ってしまいました。要所要所を私がちょっとは教えたのですが、
ほぼ本人が勝手にやりました。

ただ、甥の場合は、知性のタイプは数学向きだったと思います。「これは、こう
なっているからこうするんだ」と考えるのは自然にやっていました。学校という
場になじめなかったようです。まず、十分に遊びこんで、自分の感覚で動くこと
が自然になって、それからのことだったように思われます。


いま、世間では、小学校各学年でつまづいたらもうだめ、と信じられています。
それは、間違いです。学校の体系が、「この列車にしがみついているしかない」
ように作られている、というだけのことです。

 


*************************
古山明男

説諭主義でなく

教育

古山です。

保育園、幼稚園、学校などで、子どもがまずいことをしたときに、「ごめんなさ
い」を言うまで、とことんお説教することがよくあります。場合によると、ごめ
んなさいを言うまでどこかの部屋から出さなかったりします。

あれは、間違っていると思うのです。精神的暴力を振るっているだけです。子ど
もは怖くて言うとおりにするか、頭が真っ白になって何も反応できなくなってい
るかです。、

たとえ幼児であっても、謝るかどうかは、本人の精神の自由です。
ところが、日本文化の大勢は、お説教するのが教育だと思っています。

迷惑なことや危険なことを子どもがしたら、それがまずいということは伝えるべ
きです。
しかし、「わかりました」と言うまでえんえんと説諭するとか、無理にでも「ご
めんなさい」を言わせていたのでは、子どもの心が育ちません。子どもに危害を
加えているだけです。

大阪の大空小学校というところの障害児教育が素晴らしいと言われ、映画ができ
ていました。その映画を見たら、大人からの説諭主義なんです。逃げ出した子ど
もを連れ戻し、子どもが「わかりました」と言うまで、先生が説いて聞かせる。
あんなののどこが素晴らしいのか、と思いました。

そうしたら、中心になっていた校長先生が定年でやめたあとは、もう子どもたち
がいうことを聞かなくなっているそうです。


一昨日の音楽スタジオは、楽しいお遊び会でした。遊んでいるうちに子どもがエ
スカレートして、お店の器物を蹴とばすとか、頭に来た子が椅子を振り上げよう
とするとかがありました。そんなとき、大人たちが「だめだよ」と言うけど、そ
れ以上は追求しない。あとは、子どもたちを気遣っています。

私たちでいい教育グループを作れている、と思いました。


*************************
古山明男

犬のしつけ 人間のしつけ

教育 親子

古山です。

ひょんなことで、生後8か月のヨークシャーテリヤをうちで預かることになりま
した。かわいいですねえ。
少ししつけようと、ネットやら本やらを調べました。人間の子どものしつけと同
じだなあ、というところと、人間と犬は違う、というところがあります。

人間と同じだなあ、というところは

「叱りつけてはいけない」

「褒めたり叱ったりは3秒以内にやらないと、何を褒められたのか叱られたのか
がわからない」

などです。加害行為をやると従わなくなってしまうことは、人間と同じ。


人間とは違う、というところは、犬は主従関係によって人間と関係を持っている
ことです。自然でのオオカミや犬は、リーダーがいる群れを作っています。リー
ダーには絶対服従しないと、厳しい制裁があります。

犬のその性質を利用して、人間が犬を家畜にしてしまったのです。ハムスターや
ウサギとは違います。犬は、基本的には主従関係のなかで、飼うことになります。

犬のしつけでは、まず、服従訓練をします。「まて」「おすわり」などの指示を
出し、かならず実行させます。

それを読んでいたら、どうしても日本の小学校と中学校を思い浮かべてしまいま
す。
あそこは、読み書き計算を教えると言ってますけれど、まず服従訓練をやってま
す。

服従訓練とは、それ自体は意味のないことを指示し、従わなければ制裁を加える
ことです。
「それ自体に意味があるなら、するのは当たり前だ。しかし、きみは、指示され
れば無意味なことでもやるかね。自分が嫌なことでもやるかね」
それが、服従訓練です。


だから学校は、「きをつけ」「前へならえ」をやります。

「家庭にいてさえ、指示を忘れないようにできるかね」と宿題を出します。

制服を決めて、細部まで守らせます。


でも、この服従訓練が子どもたちの知性を破壊しているのではないですか。
さまざまな学校不適応が起こる原因ではないですか。

わざわざ、他人が嫌がることを仕掛けるのが服従訓練です。子どもが真似したら
まずいのではないですか。
実際、他の子に無理難題をふっかけては制裁する遊びが学校で流行ります。いじ
めというやつです。

服従訓練は、学校にとって便利なことはわかります。いったん服従させてしまえ
ば、どんなことも教えることができます。「こんな教育成果を挙げました。と誇
示することができます」

愛と知性以外はね。


人間は、信頼している人の言うことはよく聞くものです。美しいものや善いこと
に触れれば、自分も真似したいと思います。
犬とは基本的な原理が違います。

*************************
古山明男

傷を癒すこと

哲学 教育

古山です。

大人たちは、多くの心理的な傷を負って生きています。

子どもたちもです。

傷に応じて、私たちは、防御的になり、あるいは攻撃的になり、あるいは鈍感・
無関心になります。

私たちは、自分の傷を癒すことができるでしょうか。
子どもたちの傷を癒すことができるでしょうか。

子どもたちがこれから傷を負わずに生きることができるようにしてあげられるで
しょうか。

これは、子どもが交通事故に遇わないように教えるのと同じくらい、重要なこと
だと思います。

教育とは、幸せに生きることを教えることだと思います。
教えるというより、子どもと共に発見していくことです。


子どもたちは傷を負ったとき、親のところにやってきてグジグジします。それに
なんとなく対応したり、あやしたり、撫でてやったりしているうちに、なんとな
く収まります。
あのとき、いったい何が起こっているのでしょうか。
あのような温かい気遣いを、私たちは自分にできるでしょうか。

動物や植物に触れたとき、人の心に触れたとき、なにかを心を込めて作ったとき、
人間の中の善なるものに触れたとき、その他いろいろな触れ合いで、私たちは癒
されます。
傷を負うというのは、痛みに耐えかねて、縮こまることですから。
癒すものは、いたるところにあります。

癒すものは、
祝祭の気分。ちょっとした誕生パーティ、クリスマス、お正月。

虚栄や偽善を見抜くこと。賞罰の浅薄さを見抜くこと。「あれは違う」と思うこ
とができれば、心の傷は負わずにすみます。

雨の中ではしゃぐこと。

楽しいスポーツ。

落ちる雪の一片一片を見つめること。

おいしいものを作ること。

そのほか、たくさんのこと。

あ、それから、楽しいものを差し出しても手を出さない者への気遣い。


*************************
古山明男
Akio Furuyama

焦るとき

学び 教育

古山です。

つくばにあるインターナショナルスクールを見学させてもらえ機会があ
りました。案内してくれる人と、つくばでの駅で待ち合わせることにしていまし
た。

時間に余裕を持って出たつもりが、間の悪い時には、間の悪いことが重なるもの
です。
駅まで車で行こうと思っていたら、前日の雪で、フロントガラスに氷がびっしり。
前が見えない。落とすのに時間がかるのであきらめて、駅まで歩きました。

「後でもいいけど、今、行っておいたほうが...」と、コンビニのトイレに寄
たら、電車を一本、わずかな差で乗り逃した。

その電車は、どこかの駅でなんだかあったそうで、のろのろ運転。大幅な遅れ。

秋葉原の地下の駅が初めてだったので、複雑で、迷った。

やっと、つくば行きの電車に乗れて、先方に「遅れます」と電話しようとしたら、
自分の携帯には、相手の自宅の番号しか入っていなくて、通じない。

とにかく、これ以上早く着く手段はないのだし、先方と連絡を取る方法はない。
「焦ってもしょうがない」とわかっています。

しかし、思いは、「先方は待っいてくれるだろうか」「トイレは、後でもよかっ
た」、「秋葉原の駅のことを調べておけばよかった」などと駆け巡ります。
「焦ってもしょうがない」と思ったところで、止まりません。

ややや、ちょっと待て。
「焦ってもしょうがない」とわかっているのに焦るのは、たくさんの人が苦しん
でいる文明病みたいなものじゃないですか。
他人は「焦らなくていいんじゃない」って言います。「心を落ち着けましょう」
と言う。本人だって、そう言います。心を落ち着けるための本がたくさんある。
でも、そんなの、役に立ったためしがない。

考えてもしょうがないことを考える続けるのは、気持ちそのものを捉えてないか
らなんだ。ということをけっこう自分で見つけてきました。いま、この正体を見
つけなきゃ。本をいくら読んでも、わかりっこない。いま、せっかく実物がある
のだから、もったいない。

と、電車の座席に座りなおして、目を閉じて、「いま、身体の中で何が起こって
いるの?」

身体の中は、もや、もや、もや、なのですが、無理に言葉にすれば、「あ、ヤバ
い」「まずいなあ」というようなものの身体バージョンみたいなものが踊りを踊
っています。ちょっと、いたたまれない感じがします。

でもじきに、また雑念の塊になっています。自分の身体の感じを探っていたこと
も忘れています。

それで、また、「あれあれ、えーっと」と、思い出して...

そんなことをやっているうちに、ふと見上げると、電車の窓の外の景色が、すご
くきれいでした。前日に雪が降ったので、田畑の緑に、うっすらと雪がかかって
いる。家々の屋根が白い。あちらこちらに、紅葉の黄色と緑がある。それが雪の
白とまじっている。空は晴れていて、青い空に白いすじ雲がかかっている。

気が付くと、あの焦りから解放されています。

特に,ありがたい気づきが起こったわけでもないです。いい結論があったわけで
もない。

自分のもやもやに対して、慈しみのようなものがあったと言えばあった。理解が
生じたと言えば、生じた。でも、そんな大仰なものではない感じ。

たとえ話にすると、「こんなことになっちゃったあ」といつまでもグズっている
子どもがいるみたい。はじめ、反省点やら心構えを説いているのだけれど、それ
ではどうにもならないことに気が付いた。それで目を注いでかまってやっていた。
そんな感じかなあ。


子どもがときどき、グジグジとからみついてくることがあります。
いささか手を焼きながらも、こちゃこちゃとかまっているうちに、なんだか収ま
ります。(収まらないこともあるけど)

それって、実は、すごいことをしているのだと思います。

身体的なこと、心理的なことは、それを生き抜くことによってしか、ほんとうに
は学べません。
でも、子どもがそこでつかえてしまって、一人では抜けられなくなってしまって
いる状況というのがあります。そこを、こちゃこちゃとかまっているのが、いい
サポートになります。結論を出してやるのでは、まったく役に立たない。


つくばのインターナショナルスクールを見学させてもらって、いろいろ面白かっ
たです。

算数の時間を見せてもらいました。テキストが、カラフルで図版いっぱい、ワー
クがたくさんついているタイプのものです。ですから、授業であっても、基本的
には自習と、そのサポートです。

先生が、悪い感じじゃないけど、「そこはこうするんだ」ばかり言っていました。
「それ、いいね」もさりげなく入れてあげると、もっといいんですけどね。結論
だけじゃなくて。

 

*************************
古山明男

マンガとお手紙

学び ホームスクール

古山です。

学校に行っていない子どもがどうやって字を覚えるか見ていると、どうも、マン
ガを描くときが圧倒的に多いです。

絵を描く、マンガを描くは、ほとんど子どもの本能のように思えます。
わたしも、ずいぶんと書きました。とっておけばよかった、と今になると思いま
すが、そのときは、価値あるものなどとはまったく思えなかった。

マンガにはセリフがありますので、そのセリフを書くために字を書きだすのです。

けっこう漢字を混ぜたりしてきます。
子どもは一文字、一文字、研究するものです。わからないと、尋ねてきます。

この「わからないと尋ねてくる」という関係がいいんですね。何気ない日常の中
で、尋ねる信頼、教え込まれない安心、答えて嬉しい、わかって嬉しい、。それ
が、教育の基本でしょう。(うるさくてたまらないときもありますけどね)

学校じゃ、この基本が崩れてしまっている。


もう一つはお手紙です。

お話の中のキャラクターとお手紙ごっこをしていた家がありました。お母さんが
やっていることは、子どもたちも知っているのですが、みんなでお話の世界に入
り込んでいれば、まるでそこに住んでいるようにやれます。

 


*************************
古山明男

義務教育の内容

古山です。

いまの義務教育の内容は、人間の発達に沿っていないということを、痛切に感じ
ます。いまの義務教育は、近代国家建設のために作られたものであって、人間理
解から生まれてきているものではないです。

たくさんの落ちこぼれた子ども、成績はよいが偏差値秀才にされた子ども、勉強
を家でやらせるための親子バトル。
私塾をやっていて、そんなものを、たくさん見てきました。

教室の椅子に座らせ、黒板と教科書で一斉授業をするという形式は、高校生くら
いの年齢ならさほど無理はないと思います。このやり方の長所は、効率がいいこ
とです。うまくいった場合には、一人の教師で何十人に短時間で教えられます。

でも、その同じやり方で6歳、7歳から教育しようとするのは、無理が多いと思い
ます。

これは、国の側にばかり都合がいい教育方法なのです。法律一つで地域の子ども
を集め、教師を選ばせない。ついてこなければ将来がないぞと洗脳する。

強引ですねえ。
だから、誉めたり脅したり、なんらかの暴力的な手段に手を出さざるを得なくな
ります。

子どもは活動的です。よく遊びます。自分から、いろんなことをいじり、性質を
みつけ、スキルを得ようとしています。そこに「こんなこともあるよ」と大人が
関わってもいいです。
教育する義務と言うのは、子どものこの活動を支援することだと思います。遊び
の支援であると言ってもいいです。

いまでも、うまくいっている教育は、子どもが遊び感覚でやっています。

未来の教育は、遊びと見分けがつかなくなっているだろうと思います。

 

*************************
古山明男