読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

義務教育の内容

古山です。

いまの義務教育の内容は、人間の発達に沿っていないということを、痛切に感じ
ます。いまの義務教育は、近代国家建設のために作られたものであって、人間理
解から生まれてきているものではないです。

たくさんの落ちこぼれた子ども、成績はよいが偏差値秀才にされた子ども、勉強
を家でやらせるための親子バトル。
私塾をやっていて、そんなものを、たくさん見てきました。

教室の椅子に座らせ、黒板と教科書で一斉授業をするという形式は、高校生くら
いの年齢ならさほど無理はないと思います。このやり方の長所は、効率がいいこ
とです。うまくいった場合には、一人の教師で何十人に短時間で教えられます。

でも、その同じやり方で6歳、7歳から教育しようとするのは、無理が多いと思い
ます。

これは、国の側にばかり都合がいい教育方法なのです。法律一つで地域の子ども
を集め、教師を選ばせない。ついてこなければ将来がないぞと洗脳する。

強引ですねえ。
だから、誉めたり脅したり、なんらかの暴力的な手段に手を出さざるを得なくな
ります。

子どもは活動的です。よく遊びます。自分から、いろんなことをいじり、性質を
みつけ、スキルを得ようとしています。そこに「こんなこともあるよ」と大人が
関わってもいいです。
教育する義務と言うのは、子どものこの活動を支援することだと思います。遊び
の支援であると言ってもいいです。

いまでも、うまくいっている教育は、子どもが遊び感覚でやっています。

未来の教育は、遊びと見分けがつかなくなっているだろうと思います。

 

*************************
古山明男