読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

7歳という時期

教育 哲学

古山です。

シュタイナーの言う7歳の時期は、子どもにどのような変化が起こるのか、個人
的にお尋ねを受けました。一般的なことなので、MLで書きます。

シュタイナーは、人間の成長に7年周期があると言います。

人間の肉体と重なって、エーテル体と呼ばれる体があります。7歳くらいの時期
に、このエーテル体が独立します。エーテル体は、肉体と感覚を形成する仕事を
しています。生まれてから歯が生え変わる時期まで、エーテル体は独自の仕事を
していて、人間の自由にはなりません。
その最後の大きな仕事が、永久歯の形成です。

歯が生え変わる時期に、エーテル体が解放されてきます。

この解放されたエーテル体によって、記憶を保持することが可能になります。

私たちは、幼児期のことはとびとびにしか覚えていないものですが、小学校低学
年くらいからの記憶は、かなり鮮明に持っているものです。

解放されたエーテル体は、思考の形成にも手を貸します。
そのため、7歳くらいからが、学校教育を始める時期とされます。

7歳ごろからの時期の子どもは、工作、粘土、絵を描くなど、形成することに熱
心です。その姿を見ると、我が子は芸術家の天分があるのか、と思いますが、こ
れはどの子にも起こります。それはエーテル体が自由になっているためです。こ
の時期から記憶力や思考力が育ってきてはいますが、まだ知的なものとして独立
はしていません。

このエーテル体の変化は、内面的なものであり、さほど外部からわかるものでは
ありません。
特に、反抗や自立、感情の混乱というような形で現れるものではありません。

外から接したときの変化は、むしろ9~10歳ごろに現れる変化のほうが大きいで
す。

7~8歳くらいは、幼児期の延長のところにいます。まだ見えないヘソの緒で親
と繋がっています。生命的世界と、物理的世界が分離しておらず、すべては擬人
的に見えています。お日様や花が笑いかけ、動物たちが話しかけてくる世界に住
んでいます。

10歳ごろから、幼児期とははっきり違う、子どもの様子を観察することができま
す。幼児というより、少年に近くなっています。移行期の9歳くらいは、親との
ヘソの緒は切れてしまうが、まだ新しい世界が見えないため子どもが孤独になり
やすい時期と言われています。

10歳ごろから、原因と結果の関係がはっきりわかるようになってきます。
経験的に、塾通いは4,5年生くらいからが普通ですが、それはこの発達段階に
よります。

シュタイナー教育でも、7歳を区切りとするより、9~10歳を区切りとするほうが
現実的である、とする人たちが多くなっているそうです。

私も、自分で観察したところでは、7歳の変化は外からはわかりにくい、9~10歳
のほうがはっきりわかります。
古山明男