読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

子どもは物語を生きている

教育 学び 哲学

子どもの精神は白紙である。そこに書き込んでいくのが教育である。

現在の基本的な教育観はそのようなものです。

これは間違いです。子どもを観察すれば容易にわかることです。子どもの精神は
白紙ではありません。いつも何かが沸き起こり、流れ出しているのです。

子どもはいつも何かイメージをもっています。そして物語を紡いでいます。

その物語がどのようなものであるかは、私たちが寝ているときの夢のようなもの
だ思えばいいです。寝ているときの夢は、なにやら、ストーリーだらけですよね。
これと同じようなものが、幼児のとき、日常の意識にいつも流れています。そし
て、大人になっても、寝ているときの夢という形で残っています。

この、子どもが紡いでいる物語は、大人で言えば哲学に相当します。生きること
はどういうことであるか、世界はどのようになっているかについて、物語ってい
るのです。

だから、子どもはお話をしてくれ、と言います。
それは、もちろん、別な世界に没入したいのですし、感動や興奮を求めているの
です。でも、「この世界のことを教えてほしい」と言っているのでもあります。

4、5歳くらいにもなりますと、子どもたちは言葉という表現手段を身に着けて
きますし、絵という表現も使いこなせるようになってきます。そうしますと、子
どもは絵を描いて、「これは~だ」「これがこうした」と言うようになります。
文字が書けるようになると、
そうしますと、子どもが何を考えているのか、よくわかるようになります。

この、子どもが表現しているものと対話すること、それが教育の名にもっともふ
さわしいと思います。
子どもも嬉しい、大人も楽しい、そして子どもはどんどん伸びます。

後年の、哲学も、科学も、この子どもの物語が変形し、発展していくものなので
す。

学校は、この子どもの内面的な流れを抑圧します。そして、与えられたものに注
意を向けるようにと言います。

それが、信頼関係の上になりたち、賞罰や競争に訴えず、限られた時間内だけの
ことであるならば、意味はあると思います。信頼できる大人から、知識や技術を
学ぶことも、子どもの本能のなかにあります。

しかし、学校による内面的なものの抑圧は、子どもの内面の発達を阻害します。

子どもと、ストーリーの世界を共有し、そこで戯れること。
これが、実は、たいへん優れた教育になります。

詳しいこと、また、続けて書きます。