読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

義務教育について

教育

古山です。

「子どもが学校にいく義務は、憲法で決まっている」
そう信じている人は多いです。
これは、間違いです。

憲法は、保護者に
「教育を受けさせる義務」があると言っているだけなのです。

だから、子どもに学校が合わなかったら、保護者が自分で教育を手配する義務が
生じます。

「うちの子は学校ではよく学ぶことができません。でも憲法によって、私は子ど
もを教育する義務を負っています。ですから、私は自分で教育を手配します」
というのが、自然な憲法解釈なのです。

法律のレベルでは、「学校教育法」という法律が、すべての子どもに学校に就学
することを決めています。
この法律は1947年の制定です。当時の時代状況しか反映していなくて、学校に合
わない子どもが生じるとか、別な教育方法があるとかいうことをまったく想定し
ていません。それで今、いろんな不都合が起こっています。

でも、憲法は法律に優先します。

憲法だけでなく、国際人権条約も、親に教育を選ぶ権利があるとはっきり言って
います。教育基本法にも、学校に行けなどとは、一言も書いてありません。

自分の子どもに、「これが最善だ」と思う教育をするのは、親の崇高なる義務と
言ってもよいものです。それが義務教育なのです。