読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

学校に行く行かないはどうでもよくて 2

ホームスクール 学び

甥とホームスクールをしていたときでした。

甥は、よく「おじちゃんは、どういうことをして遊んでた?」

「どういうことが面白かった?」ということを尋ねてきました。
「模型を作るのが楽しかったなあ」
とか
「地下水というのがあるというから、庭に掘れるだけ深い穴を掘ってみたよ」
そんなことを言うと、よく伝わっていました。甥は庭を掘りませんでしたが。
いいものは何? 面白いものは何?
何か、積極的な価値のあるものを、子どもは知りたがります。

甥と暮らすようになって、少し意識的にやっていたことがありました。
テレビを見ていたときなど、これはすごいね、立派だねということがあったら、
それを口にすることでした。普段だったら、ふんふんすごいね、と思って終わる
ことを、
「この芸人さん、間の取り方がうまいねえ」
「ふうん、見事なものを作ったものだ」
「あの選手、いい判断だったね」
というふうに、言葉にするのです。
これは、本当に感じたことでないといけない。作為があると、教師やお坊さん
みたいになってしまう。

私の母が、親切にしてくれた人のことをよく話していました。戦争中の物資が
なかった時代に、ビスケットやお米をわけてくれた人のこと。親が死んで、兄弟
だけ取り残されたときに、親身になって取り計らってくれた叔父さんのこと。そ
れは、母がほんとうに感動していたことでした。
母は、「グラジオラスが今年も咲いたよ」とか「ほらほら、見てごらん。スズ
メがきて餌を食べてるよ」というようなことを、よく口にしました。私も、ほん
とだきれいだ、ほんとだ面白いと見ていました。
観察眼をつけるということは、「きれいだよ」「おもしろいよ」なんです。
「観察しなさい」「報告しなさい」ではないのです。

子どもは、真、善、美に対して食欲を持っています。作為のないものが、栄養
価の高いものです。栄養価の高いものが日常にたくさんあると、子どもは自然に
それを採集し、摘み取って食べてくれます。

古山明男