読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

子どもの論理性

アメリカの公立小学校での、論理力のつけかたを紹介しているブログを読みまし
た。いつ、どこで、誰がの5W1Hや、文章構造の理解を小学校のはじめから教え
ているそうです。

学校で、このような授業を受けないと論理力がつかない、と信じている人は多い
と思います。

そんなことはありません。
たしかに、言いたいことを論理的に表現するために、ある程度は授業もできます
し効果はあります。しかし、それは枝葉末節のことです。論理的な表現を身に着
けることは、大人になってからでも可能です。

子どもが筋道だって考えられることは、もっと生活全体から生まれてくるもので
す。衣食住が護られ、暴力的なものにさらされていない、外界の出来事も内面の
出来事もすっと受け止められる。いざとなれば、助けを求めることのできる人が
いる。そのような秩序が大事なのです。

秩序というのは、物事があるべき流れで流れている、というような感覚なのです。
食べて、着て、生活をこなし、遊んで、寝て、の中に秩序があるのです。
学校や職場のような、自分の興味関心と関係なく時間割で区切られる生活が、秩
序であるとは言えません。

もう一つ、論理性を育てるものがあります。それは、物いじりです。積み木で、
小さなものの上に大きなものを乗せれば安定しない。長さが合わないものは嵌め
られない、というような当り前のことを当り前の感覚とすることです。その中で、
原因と結果を見て取る力、目的と手段の理解などが育っていきます。工作、手芸、
園芸、料理などあらゆることの中に、論理性があるのです。