読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

遊びの中に宝がある(2)

学び 教育

古山です。

シュタイナー教育の授業をいくつか見せてもらったことがあります。そのときの
私の感想。
「子どもの発達を大事にするということは、遊び感覚を大事にすることなんだ」

見せてもらった算数の授業では、みんなで森の中に散歩に行くんだ、と数を数え
ながら輪を描いて歩いていました。歩くことで、数を身体に刻み込んでいる。こ
れが、お芝居気分です。何歩おきかに手を打ってリズムを取り、掛け算の基盤を
作っている。「あ、あそこにサルがいた」なんて指さす。

フォルメンの授業では、線を描いているうちに、線が波になったり、くるくる回
ったり。楽しいじゃない、これ。

シュタイナーの教育論を読むと、人間はこのように発達するからこうするんだ、
という硬いことが書いてあります。それは、大人のための説明なんですね。
実際の授業を見て、「なんだ、そういうことか。意味のあることは、遊び感覚に
なるんだ」と思いました。

子どもが発達経路に沿ったことをしていれば、やっていることを面白いと感じる。
これは、身体によい食べ物をおいしいと感じるのと同じです。

シュタイナー教育の独特なところは、「おもしろい」だけでなく、「きれい」と
子どもが感じることを大事にしていることだと思いました。

公立学校でよくある、「つまらないことでも頑張れるようになる」ことを教育目
標にするのはよろしくないと思います。子どもの中の大事な感覚が壊れてしまい
ます。