読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

おもしろいことのみつけ方

30代のときにインドを旅行して日本に帰ってきたら、なんとまあ町は小綺麗で
ゴミ一つ落ちていないこと。街行く人たちの服は汚れていなくて、ツギのあたっ
た服の人などいないこと。なんでもかんでも便利なこと。
でも、人の眼が死んでる。トロン、ボヤン。
あの印象は強烈でした。そうか、これが日本か。ある一つの方向で、やりすぎち
ゃったんだ。

どうすれば整った社会ができるかは、日本人はよく知っているのです。それは、
世界でも稀なくらいです。でも、何がほんとうにおもしろいかから、切り離され
てしまっています。

ほんとうにおもしろいことを見つける力は、実は、退屈を感じる力、空虚を感じ
る力と表裏一体です。言葉を換えれば、自分がほんとうに感じていることにウソ
をつかないと、エネルギーが湧いてくるのです。

子どもはすぐに「退屈だあ」と言い出します。親が「あれはどう?これはど
う?」と言っても、なんだかんだと理屈をつけてそれじゃだめだと言います。と
ころが、ついさっきまで退屈で死にそうだと言っていたのに、じきに何かを見つ
けて、熱中しているのです。これは、退屈を感じる力そのものが、おもしろいも
のを見つける作用をしているからです。空腹を感じることと、食欲があることは
同じことであるようなものです。

私は20代で会社勤めをやめてしまって、しばらく引きこもり的な生活をしてい
ました。そのときは、まったく退屈を感じませんでした。頭が過去のことと未来
の計画でいっぱいになっていて、何も感じないんですね。

不登校で引きこもった子どもたちにたくさん接しましたが、彼らは退屈を訴えま
せん。やがて「退屈だあ」と言い出したら、エネルギーが出てきた証拠なのです。
何かを自分から始めるようになります。

大人になって、しなければならないことばかりしていると、心が渇いてきます。
そこで、「何かおもしろいことはないか」と、他人の言うことを聞いたり、本を
読んだりします。でも、そうやって真似をしても、なかなか充実感には至れない
ものです。充実感には、渇きと情熱でたどりつくものです。

子どもは、心にわき起こる興味・関心に従っていて、大丈夫なんです。
こどもに、遊ぶことに罪悪感を感るようにする訓練をするのは、ウソつきを育て
ているようなものだと思います。

古山明男