読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

図鑑の思い出

古山です。

家と教室を整理していたら、小学館や学研の図鑑が出てきました。

ページをめくっていたら、おもしろいこと。

子どものとき、興奮して見ていたことを思い出しました。ただの絵を見ているの
ではなくて、お宝を見ている感覚なんです。
図鑑に出ている工作や実験も、ずいぶんとやりました。

私の場合、特に昆虫の図鑑と、乗り物の図鑑でした。
絵を見ながら、いろんな想像を馳せることができます。しょっちゅう見ていまし
た。

いま、大人の目で見ると、教科から考えても、義務教育の範囲をだいたいカバー
してるんです。
教科書より、デキがいいじゃない、と本気で思いました。見せ方、説明の仕方が
うまいんです。

私にとって、学校ではもう知っていることばかり教えられていた気がします。ど
うして知っていたかというと、この図鑑で吸収していたことが多かったのだ、と
気がつきました。

図鑑類は、甥とホームスクールを始めたときに、ある程度買いそろえました。と
ころが、奥の納戸みたいなところに置いていました。そうしたら、いじってくれ
ない。やはり、目につくところに置かないといけないですね。

いま、うちの教室兼応接間みたいにしている部屋の、目立つところに移しました。
うちに来る折がありましたら、自由に手に取ってください。

乗り物の図鑑がなかったので、「小学館の図鑑NEO 乗りもの」を買いました。
これは、スグレものですね。自分で見ていて、吸い込まれました。これだけの図
版とボリュームがあって、2000円+税は安い。

図鑑を好むかどうかは、男の子と女の子でかなり違いがあります。
男の子だと、乗りものの絵には、2歳から吸い込まれます。
どうしてでしょうねえ。2歳では、まだ男女の文化的影響はほとんどないと思う
のですが。

古山明男