読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

huruyama blog

学びや子育てやホームスクールなどなど 古山明男さんのコラムが大好きなので ご本人の許可を頂き紹介しています。

子ども時代とは、輝きを追うこと

教育

子どもを、与えられた課題をこなす生活に追い込むのは、自然の条理に反してい
るなあ、と感じます。

 

子どもには、いつも輝くものが目の前に現れてきます。
それを追いかけているだけで、子どもは身体も精神も成長していきます。

 

ボールをうまくさばけるようになるのに熱中する子もいます。
手芸に熱中する子もいます。
自動車に興味を持つ子もいます。
料理に興味を持つ子もいます。

 

それは、「目標を持って頑張る」とは、まったく性質の違うものです。

輝いているものが目の前にあるから、それをする。
それが、子ども時代です。

 

大人から何かを伝えていくのもよいことです。
子どもは、大人のできることを、すばらしい、あれができるようになりたいと見
ているものです。

 

われわれが、友達同士で、「こんなおもしろいものがあったよ」「これが役に立
ったよ」と伝えるように、子どもに伝えればいいのです。

でも、それはハードルを示し、飛べたかどうかで評定していくこととはまったく
違います。

 

大人になっても、輝くものが見えていること。
だれでも、そう生きたいのではないかなあ。

 

古山明男